不動産売買の仲介における手続きや流れとは?

不動産売買の仲介における手続きや流れとは?

不動産売買における仲介の流れとしては、まず不動産を査定してから売却活動が行われます。
査定は机上や訪問によって行われ、売却活動では広告や営業活動などを行い物件の情報を広く周知させます。
買い手が現れた場合には当事者の希望を聞いて価格や手続きについて双方が納得するまで調整を行います。
条件交渉がまとまり売買契約を締結する段階では、重要事項や売買契約書の内容の説明が行われます。
さらに当事者が集まって決済や登記を同時に実行し、物件が買主に引き渡されることになります。
不動産売買は個人間で行うことも可能ですが、仲介を専門家である不動産会社に依頼した方が効率的です。
広告やポータルサイトなどで物件情報を紹介するには広告費がかかり、買い手が現れたら実際に物件を案内する人員も必要になります。
不動産会社には国家資格に合格した専門家を一定数以上配置しており、効果的なサポートを受けることができます。
一般的な不動産売買では買主と売主がそれぞれ別の仲介会社からサポートを受けて取引が行われます。

不動産売買の売買契約の特徴を確認しておく

不動産売買では購入対象物が高額なこともあって、普通の売買契約とは異なる側面がいくつかあります。
まず宅建業法により、不動産売買締結にあたっては重要事項を当事者に説明することが義務付けられています。
重要事項とは当事者、なかんずく購入希望者が購入する判断に際して影響を与える事実のことを指します。
具体的には瑕疵要素があるとき、(過去に事件や事故等が発生したという心理的瑕疵なども含む)、これらの事実も告知説明しないで契約し後日発覚したときは契約の解除や損害賠償の請求をうけることになります。
また不動産売買の売買契約では手付契約の締結と手付金の支払がセットになっているのも特徴です。
手付けとはいったん契約締結する意思を表明したものの、白紙撤回する余地を認める特約です。
買主から売買代金の1割ほどを交付しておき、買主の場合は手付金を放棄することで、売主側は手付金の倍額の金額を支払うというペナルティを甘受するかぎり、契約を白紙撤回できます。

不動産売買に関する情報サイト
不動産売買における基本情報や雑学

不動産の売買において、基本的な情報はやはりどれぐらいの金額で売却できるかにつきます。例えば、不動産売買をするにあたり2000万円で売却できるのと2100万円で売却できれば自分で大きな開きがあります。その時、必ずと言っていいほど査定を行うわけですがその金額が必ずしも正しいかどうか判りません。あくまでそれぐらいの金額になるのではないかとの予想になるため、この会社の方が高い査定額を出してくれたので間違いないなどと考えない方が良いです。

Search