誰でも簡単に理解できる!不動産売買における基本情報や雑学を紹介!

不動産の売買において、基本的な情報はやはりどれぐらいの金額で売却できるかにつきます。
例えば、不動産売買をするにあたり2000万円で売却できるのと2100万円で売却できれば自分で大きな開きがあります。
その時、必ずと言っていいほど査定を行うわけですがその金額が必ずしも正しいかどうか判りません。
あくまでそれぐらいの金額になるのではないかとの予想になるため、この会社の方が高い査定額を出してくれたので間違いないなどと考えない方が良いです。

誰でも簡単に理解できる!不動産売買における基本情報や雑学を紹介!

よくある不動産売買において問題となるのは、どれぐらいの売却金額になるかと言ってもいいかもしれません。
不動産売買における売却金額は様々ですが、通常不動産会社の査定額で決まると言っても良いわけです。
とは言え、そこで提示された査定額自体は、あくまでその会社が提示してくれた予想の金額であり必ずしもその金額で売れるとは限りません。
基本情報として重要なのは、確約をもらったのとは異なることです。
そうであるならば、可能な限りいくつかの会社と比較をしてみて、実際に広告などを出してもらうのが良いです。

不動産売買の基礎知識!不動産業者の仲介は売主と買主をマッチングして橋渡しをする

不動産売買の基礎知識として知っておかなくてはならないポイントに、仲介業者の存在が挙げられます。
例えば、一般的な取引を行うときには購入を希望する人と売却を行っている人が直接的に交渉を進めていくことになります。
しかし、不動産売買の場合には不動産を所有している人と購入を希望する人が、直接的に交渉を行うことがほとんどありません。
これは、専門的な知識やノウハウが必要になる不動産の性質上、専門的な存在を間に入れることによってより公平に取引ができるように工夫をしているからです。
こういった、紹介を行う業者のことを仲介業者と言います。
実際に契約を進めていくときには、まずこの業者と媒介契約という特殊な提携を行っておく必要があります。
その上で、購入をする人と売却をしたい人をマッチングしていくことになりますので、直接的に当人同士が顔合わせ取引をする必要がありません。
トラブルが生じる可能性が非常に低いですし、スムーズにやりとりができるメリットが存在します。

不動産売買における必要書類を物件種類別に紹介

不動産売買の必要書類は種類別に異なるので間違えないようにする必要があります。
一戸建ての取引を行う場合、売主は身分証明書や実印、印鑑証明書や銀行口座の通帳の他にローンの残高証明書を用意します。
現住所と登記上の住所が異なる場合は住民票も必要です。
不動産や権利関係の書類としては登記済証・登記識別情報や売買契約書、重要事項説明書や土地測量図の他に図面・設計仕様書や固定資産税の通知書などが必要です。
建築確認通内書や検査済証、建築設計図書や設備に関する説明書なども必要になります。
マンションの取引を行う場合、売主が用意する書類は基本的に一戸建てと同じです。
不動産や権利関係の書類としては一戸建てと同様に登記済証・登記識別情報や売買契約書、重要事項説明書や図面・設備仕様書の他に固定資産税の通知書が必要になります。
さらに維持費関係の書類やマンションの規約、設備に関する説明書や物件パンフレットなどが必要です。
これらの書類を事前に準備しておけば効率的に不動産売買の手続きを進めることができます。

一戸建てやマンションの不動産売買に必要な書類は登記済権利書など主に7つ

一戸建てやマンションの売買を行う場合に必要となる書類には登記済証・登記識別情報や売買契約書、重要事項説明書や土地測量図の他に固定資産税の通知書や図面・設備仕様書などが必要です。
不動産売買では売主・買主ともに運転免許証などの身分証明書も必要になります。
登記済証・登記識別情報は、登記名義人が真正な権利者であることを公的に証明する書類です。
一般的に権利書や権利証などの呼び方で知られており、平成17年3月7日以降に不動産登記を行った場合には登記済証ではなく登記識別情報を受け取ることになります。
登記識別情報は手続きの完了時に名義人に対して交付される秘密の番号です。
不動産を管轄する法務局で登記を行う場合に12桁の番号を受け取ります。
土地や建物の登記識別情報や登記済証を紛失した場合、再発行はされないので不動産売買で必要になるときは代わりの手段で所有権を証明します。
事前通知制度を利用したり公証人や司法書士などに本人確認をしてもらえば所有権を証明できます。

土地建物の不動産売買に必要な書類は土地の測量図など主に4つ

不動産売買を行うために必要な書類には地積測量図・境界確認書の他に間取図や登記識別情報・登記済証、建築確認済証・検査済証などがあります。
間取図は購入希望者の興味を持ってもらうために必要になり、登記識別情報・登記済証は権利を証明するために必要です。
建築確認済証・検査済証は一戸建ての売買を行う場合に必要とされます。
地積測量図・境界確認書は土地の面積や隣接する土地、道路との境界位置を確認するための書類です。
この書類は隣地とのトラブルを未然に防ぐために必要になります。
媒介契約を締結する時点で用意しておくのが理想的ですが、代々引き継いできた土地など測量自体が実施されていない場合もあります。
また実施時期が古くて精度が低くて現況に合わない場合も存在します。
基本的に測量結果を記録した書面は法務局で入手できますが、新たに測量する場合は数か月かかることもあります。
境界確認書は隣接する土地の前所有者と境界線について合意したことを証明するものです。
公的に保管されていないので紛失した場合には基本的に改めて測量を行います。
他にも不動産売買では身分証明書や建築設計図書・工事記録書などが必要になります。

不動産売買に関する情報サイト
不動産売買における基本情報や雑学

不動産の売買において、基本的な情報はやはりどれぐらいの金額で売却できるかにつきます。例えば、不動産売買をするにあたり2000万円で売却できるのと2100万円で売却できれば自分で大きな開きがあります。その時、必ずと言っていいほど査定を行うわけですがその金額が必ずしも正しいかどうか判りません。あくまでそれぐらいの金額になるのではないかとの予想になるため、この会社の方が高い査定額を出してくれたので間違いないなどと考えない方が良いです。

Search